レイクのカードローンを利用していれば、限度額変更ができるか

レイクのカードローンを利用していれば、限度額変更ができるか

レイクのカードローンの利用者です。もう結構長い期間に渡ってお世話になっている方だと思います。なので限度額変更はできるのでしょうか?レイクのカードローンの増額には利用期間以外の条件が何かありますか。そしていつでもこちら側から申込めば良いのでしょうか。

レイクの限度額変更は会員ページ、メールで案内されます

レイクは融資限度額は申込者の年収、信用情報機関の登録状況などを審査して、他の業者からの借入金、借入件数そしてキャッシングと返済状況を確認することで決定されるということであり、このこと自体は新規のカードローンの申込みと同じです。つまり利用期間に関係なく増額申請の際に再度審査するということになります。

もちろん増額の申込みが審査を通過して利用限度額が増えれば、そのままキャッシングができることになりますが、融資限度額は増額の度毎に10万円ずつの増枠であり、限度額が100万円を超えるようなことはほとんどないと考えられます。

レイクでは限度額が増額対象となった利用者に対して、会員ページで案内することになっています。ですから会員ページにログインして限度額変更の案内が届いているかで増額の申込みが可能か判断できるはずです。あるいはメールアドレスの登録を済ませていれば、メールでも増額の案内がなされるようですし、またフリーダイヤルで問い合わせることもできるようです。

レイクからのこのような案内が届けばほぼ確実に増額が決定されるという評判もあります。逆に増額の案内がない状態で増額の申し込みをしても、その増額申込みが審査に通ることはあまりないという事を意味します。しかしながら、毎日レイクが全ての会員に対して増額審査をしているというわけではないでしょう。

つまり増額審査とは一定の期間毎に行なわれる途上審査のひとつであるということができます。ですから、途上審査の隙き間期間で増額の案内が届いていないけれども、信用状況が変化していることもあるのです。言い換えればたまたま案内がされていなかったということもありえます。

もし堅実に返済を続けている、他社への返済が完了したなどということがあれば、できる範囲で自分のステータスを判断した上で増額を申込むという余地は十分にあるということになります。このような状況でレイク側から案内が届いていなければ、フリーダイヤルで問い合わせることで申込みをすることができます。

利用限度額も含めて、ご利用は計画的に、ということ。増額が必要な際に収入証明書の呈示が必要になる事もあります。それはカードローン各社毎に、収入証明書の提示が必要になる限度額が定められているからです。一般に貸付残高が他消費者金融と比べて低めであるともいわれるレイクでは100万円が収入証明書の提示を必要となる境目であることを覚えておきましょう。

増額の申込みの代わりに他社のキャッシングローンを利用するということも方法としては考えられます。場合によっては増額を認めてもらうより遥かに手続き・日数等のコストが低く抑えらることにもなります。なのでこの辺りの判断に計画性が必要になってくるわけです。気をつけなければならないのはレイクが消費者金融のカードローンではないことでしょう。

つまり銀行法による規制対象の金融業者であって、貸金業法による規制は受けないということです。ということはレイクはいわゆる総量規制を受けた貸付けの限度枠はないということであり、同時に他の消費者金融業者より広い個人信用情報を参照しているということなのです。このフォローアップの細かさはかつての大手消費者金融の一つとしてのレイクがそのまま銀行系カードローンになった面目躍如といったところでしょう。

レイクの限度額変更が可能かどうかを調べる

レイクで借り入れをしている人が、もう少し多く借りることができれば良いと思ったときには、他の金融機関から借りるという選択肢もありますが、レイクで借り入れることのできる金額を大きくすると言う選択肢もあります。限度額変更の手続きをとることによって、多く借りることができる場合があるのです。

この手続きについてですが、限度額を増額するためには信用力が必要となってきますから、審査を受けなければならない場合もあります。相談をしてみれば分かる事なのですが、ウェブサイト上で確認できる場合もあります。レイクでは会員ページにログインすると様々な情報を得られるのですが、この会員ページで増額可能かどうかを知ることができます。

ですから、限度額変更したいと思ったときには、まず会員ページを見るのが良いでしょう。ウェブサイトにアクセスしても表示されないと言うときや、そもそもウェブサイトを見るのが面倒だと思ったときには、フリーダイヤルに電話するのが良いでしょう。フリーダイヤルに電話をすれば、増額できるのかどうかを教えてくれます。

また、メールサービスに登録をしておけば、限度額を増額できるようになれば通知されます。早く増額したいという人がいれば、メールアドレスを登録しておくのが良いです。こうすることによって早く情報を手に入れる事ができるようになります。これも一つの方法です。

もしも案内がない状態で増額の申請をした場合には手続きが必要となる事もあります。例えば、収入を証明する書類の提出が必要となる事もあるでしょう。増額をするためには審査を受けなければなりませんし、そのための手続きを行わなければならないという点に注意しておく必要があります。

減額をするときには審査は必要ないのですが、増額をするときには信用力を調査しなければならないために審査が行われるのです。ですから、増額が可能だと表示されていないときに申請をした場合には、希望通りに増額できない場合もありますし、時間がかかることも多いのです。

Categories: archive